賭けない、飲まない、吸わない、新潟けんこう麻雀へようこそ

麻雀講座

麻雀講座

点数計算について

更新!麻雀点数計算の仕方の改訂版をアップします。

麻雀をやる上で点数計算は中級者クラス中堅への
一歩となります。取り合えず点数早見表を公開しておきます。

因みに競技プロや指導者は本来の点数計算を覚えてください。

本来の点数計算の仕方

1000 2000 3900 ..となっているけどなんで4000でないの?と
思っている方はいると思います。

プロ、指導者がそれはそういうもんだからと教えていたら失格です。
本来の点数計算の仕方を覚えてください。

点数計算の順序

  • 役の翻数を数える
  • 符計算
  • 基本点の確定
  • ロンかツモかによる支払い確定

となります。
役の翻数を数えるのと符計算は一緒です。
これから早見表を見るか見ないかなのですが、
点数計算の本質を知りたい場合は、基本点の確定を覚えてください。

覚えることは以下の3点

  • 場ゾロ2翻の付加(ゾロはゾロ目というように2個という意味)
  • 翻の意味は倍
  • 親は子の2倍授受の法則
    です。

基本点の確定とは子が子にツモられた場合に支払う点数となります。
基本符×(2の翻数)乗=子の積もられた場合に支払う得点
となります。

ではツモ1翻のみ30符を考えて見ましょう。
30符×2=60点??
というのは、間違った考え。ツモのみは30符3翻で、
場ゾロ2翻を付けなければ成りません。

ですから、

  • 30符×2×2×2=240点(基本点)
    となります。翻とは漢字が表すとおり、翻る=ひるがえる=倍になるという
    意味なので、3翻というのは2×2×2=8と成ります。

つまり240点が子が子に積もられた場合の得点になります。
10点台は繰り上げです。ですから、300点がツモのみで積もられた場合の
支払う点数です。

次に親が支払う点数です。
親は子の2倍授受の法則というのが採用されています。
ですので、

  • 基本点240×2=480点(親が支払う点数)
    ということで、切り上げ500点となり、晴れて300・500となります。

ロンの場合、責任払いが発生します。
つまり、親の支払う分も子が支払う分も全て支払わないといけません。
平和のみは30符3翻の場合

  • 240+240+480=960点
    なので、ロンの場合は切り上げて1000点となります。
    1倍×子2人+2倍×親1人なので、基本点×4倍となるわけです。
  • 240×4=960点

*親があがった場合は、親は子の2倍授受の法則から
基本点×2倍の点数を子からもらえます。ツモのみは30符3翻の場合
基本点240×2=480点
切り上げて500オールもらえるわけです。

ロンの場合、責任払いが発生します。
つまり子3人が支払う全てを支払わないといけません。

  • 480点×3=1440点
    切り上げて1500点となります。

これが点数計算の全てです。
例題1:平和ドラドラ 30符5翻
基本点960点=30×2×2×2×2×2
子の場合

  • 960+960+1920=960×4=3840 よって3900点
    親の場合
  • 1920+1920+1920=1920×3=5760 よって5800点
    となります。

例題2: ツモピンフ三色 20符6翻
基本点1280点=20×2×2×2×2×2×2
よって、子の場合1300・2600
よって、親の場合2600オール

例題3: ツモチートイツ 25符5翻
基本点800点=25×2×2×2×2×2
よって、子の場合800・1600
よって、親の場合1600オール

例題4: メンゼン タンヤオ三色 40符5翻
基本点1280点=40×2×2×2×2×2
子の場合

  • 1280+1280+2560=1280×4=5120 よって5200点
    親の場合
  • 2560+2560+2560=2560×3=7680 よって7700点

例題2と4を比べてください。基本点が一緒ですね。
20×2=40だからです。単純でしょ。

では、ここで問題。
子の90符リーチのみを考えてみてください。
面白い点数が出てきますよ。なじみある点数でしょ。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional